北海道ハウス株式会社

STAFF BLOG スタッフブログ

住宅のお仕事で

お風呂の設計を初めて行いました

普段はユニットバスを設置しているので

色や仕様をショールームで決めてしまえば

現場では特に考えることはありません

ですが

今回の現場

お客様のご要望を

お付き合いのあるメーカーさんに伝え

ユニットバスで対応できるかどうか

確認してみたところ

みごとに全滅…

 

お客様のご要望は

壁3面ガラス張り

浴槽はタイルで囲む

ジェットバス付き

 

ご希望は可能な限り叶えたい…

うむ!

無いなら作るか!!

という結論を出しました

 

しか~し

いざ 設計に取り掛かると

設置階が2階なので

特に防水の問題

配線・配管の取り回し

規格に無い部材をどうするか

などなど

?が頭の中をかけめぐりました

 

困ったときは

関係業者さんに聞きまくる!

これにつきる

 

そして現在

浴槽設置まで

たどり着きました

 

最初は

大工さんに下地をつくってもらいます

タイル割りから逆算した寸法で壁・床を設置

次に防水

FRP防水というもので

専用の液体とメッシュをつかって

まるごと防水してしまいます

これの施工中は

においがひどくて

現場にいると

よっぱらいます

 

シートで養生して

送風機でにおいを逃しても

大工さんが一日逃亡しました(笑)

 

固まったのを確認したあと

とんぼと呼ばれる

ピンを取り付けていきます

このピンは

タイル下地になるモルタルが

壁から剥がれないようにする役目となります

 

そして浴槽の架台を設置

このあと

いよいよ浴槽設置なのですが

難関がありました

 

それは

浴槽が重い…

とてつもなく重い…

鋳物製なので150kg

しかも

ここは2階

 

現場にいる人と

招集をかけて集めた人数 

計7人

力ずくで2階ホールまであげました

今度はこれを

所定の位置に設置しなければなりません

 

みんなでがんばりました

無事に完了

今後は左官屋さんに

がんばってもらいます

 

大工さんもがんばっております

現在 この住宅の

一番の見せ所である

階段を作成中

まずは一段目

ここから徐々にアールをえがいていきます

いまのところ

順調にすすんでいます

 

1月前に発注をかけた

特注集成材

寸法間違ってなくて

ほっと ひと安心

 

外部も着々と進行中

本日は

ロードヒーティングの

パイピング

土間コンクリートの打設を

来週予定しております

 

お願いだから

雪降らないでくれ~

そして

もう一回

暖気来てくれ~

と毎日祈っている三箇でした