STAFF BLOG スタッフブログ

皆さん こんばんわ~

今日 天気よかったですねぇ~

ちょっと作業すると汗ばんできますし…

もうすっかり春ですなぁ~

いや実はもう夏かも…

 

今日は 別現場にてコーキング工事をしましたので

皆さんにご紹介したいと思います。

それでは行ってみよう~

\(^o^)/

 

皆さん これあまり見たことないですよね…

この黒い缶の中にコーキングの材料が入っております。

コーキング工事は主に外壁工事が終わった後

外壁と外壁の間 約1㎝ほど隙間が空いておりますが

その隙間を埋めるのがこのコーキング工事となります。

 

乾く前はドロドロしていて乾くとゴムみたいな感じです。

色も外壁の色に合わせてたくさん作ることが出来ますよ

( ..)φ

 

もともとの材料は白色でその中に

トナーという色を入れて混ぜていきます。

この缶の下の機械は

かくはん君 と言って白色のベースとトナーの色を混ぜる機械です。

右回り、左回りと繰り返して回ります。

 

色が混ざるとこんな感じになります。

今日は ベージュ色ですのであまり見分けがつきませんが

ちゃんとベージュ色になりました。

このコーキングの材料をコーキングガンと言って

鉄砲みたいな形の工具を使用してコーキングを充填していきます。

(/・ω・)/

隙間にコーキングを充填していきますが

隙間に奥行きがあるとバックアップ材といって

コーキングの接着面の回避や充填の深さを調整をする材料です。

隙間をよく見るとグレーのものが見えますでしょ?

それがバックアップ材です。

またコーキングするところに青いテープが張ってありますが

これはマスキングテープと言って

コーキングがはみ出て汚れないようにするテープです。

(*´▽`*)

 

コーキング材を充填してきます。

手に持っているのが コーキングガンです。

隙間を埋めるのでたくさん充填していきます

( `ー´)ノ

 

コーキング充填が終わりましたら

乾く前にヘラで平らになるようになでていきます。

このヘラの裏側にはゴム状の板が張ってあります。

余分なコーキングはヘラですくっていきます。

(#^^#)

 

ヘラでなでたらマスキングテープをゆっくりはがしていきますと…

この通り キレイに隙間が埋まりました!!

これで作業は終了です。

(^.^)/~~~

これは作業が終わった後コーキングガンを

ちゃんと掃除しているところです。

アルコール液を使用して刷毛でキレイに洗っていきます。

この掃除を怠ると…

コーキングは固まって次作業に使用するときに

塊があるとコーキングが充填出来なくなりますので

都度 作業が終わったらこのように掃除をしていきます。

素晴らしい!!

こんな感じでコーキング工事がしております。

中々 作業自体 あまり見れないのと

コーキングの材料、掃除はまず見れないと思いまして

本日 ご紹介しました。

 

ホント天気良くて外の作業日和でした(*^-^*)

 

今日はこの辺で

次回は現場進捗のご報告をしていきたいと思います。

それでは また…

 

ちょっと外で体動かしたら汗ばんで早く風呂に入りたいと思ってる

加賀

でした(^.^)/~~~