STAFF BLOG スタッフブログ

皆さん こんにちわ(ー_ー)!!

やっと春らしくなりましたねぇ

とっ思いきや…

寒いですね(;一_一)

全道の各地では 雪 降ってます( ;∀;)

函館も今晩と明日に雪マークがついておりました…

もう4月なのにねぇ~

 

今回はそんな寒い中工事をしています

外構工事 を

ご紹介したいと思います(/・ω・)/

 

今回は 湯川町1丁目モデル の

外構工事を行っておりました。

大きな重機で玄関前を一生懸命 掘削しておりました。

この重機は…

ユンボ

と呼ばれておりまして 一般には

バックホウ、油圧ショベル、パワーショベル とも呼ばれ

掘削用建設機械でございます。

( ..)φ

 

こんな感じで

玄関前の部分もショベルを巧みに操り

砕石を敷いていきます。

砕石のした敷いております オレンジ色のシートは

地面下から雑草が生えづらくするのに敷かれております。

 

 

 

上手ですよねぇ~

本当に建物ギリギリまで

砕石を運んである程度平らにならしてます。

基礎ギリギリのところは

重機だと衝突の可能性がありますので

そこは 人のチカラ となります

( `ー´)ノ

だけど ホント 上手ですね!!

ここの部分掘削して シートを敷いた場所ですが

基礎部分に薄っすらと ピンク色 の線が見えると思いますが…

これは 砕石の高さを表しております。

私たちは 墨出し とよく言っております。

大工さん達も墨出しを行いますが

本当の墨(習字で使う墨汁)だったり、チョーク粉だったり

様々なものがあります。

これは チョーク粉の墨ですね

!(^^)!

 

皆さん この機械

なんだと思いますか?

これは

転圧機

といいまして またの名を

タンパ、ランマ ともいいます。

これは、エンジンの回転で上下運動させ

下部の打撃版(下の黒いプレート)に伝達し、間のスプリング(オレンジ色部分)で

上下運動を増幅させて路盤を締め固めるのに使用する機械です。

よく ダッダッダッダッダッダ て聞こえるのがそうです…

(現場で似たような音はたくさんありますねぇ)

(;^_^A

 

地面を掘削して、ある程度平らにし、

ポリシートを敷いて、砕石を敷き、転圧する。

これでまずは アスファルトの下地路盤が完成します。

このあとは 

アスファルト面積にの端部に 縁石を敷いていき、

ある程度勾配を取って 最後はアスファルトを敷き

再度 転圧かけて 終了となります。

 

今回のつづきは アスファルト舗装工事の時ですので

皆さん 乞うご期待!!

 

いつも通りの恰好で朝出社したらメチャクチャ寒い思いをして後悔してる

加賀

でした…See You~

!(^^)!