北海道ハウス株式会社

NATURAL HOUSE 自然素材の家

自然素材でできたお住まいをお考えの方へ

最近の住宅は、無機質でシンプルモダンな建物が多く見られます。外観も内観も白や黒で統一されたり、濃淡のコントラストで表現されているものが多くあります。北海道ハウスでもそんなシンプルモダンの建物を多く建てさせて頂いております。しかし、杉の家のモデルハウスを公開してから天然の素材に興味のある方が多くいらっしゃる事に気づかされました。

北海道ハウスはグループ会社に林業の会社があります。道南の杉材は、ほとんどが住宅構造材として本州に出荷されています。地元の木材を地元で使いたいと思っていた時に、平成20年度国土交通省「地域住宅モデル普及促進事業」の募集があり、採択されました。

地域材の有効活用を計ることにより、輸入などの輸送時のCO2削減や森林の活性化によるCO2削減。地元の材料を地元で加工し使用することによって。地域の経済にも貢献できます。

天然無垢材の優しい肌ざわりやぬくもり、癒される木の香り。

ぜひ一度、ご体感いただき、地材地消にご協力下さい。

地材地消とは?

「地材地消」とは「地産地消」の木材版。北海道の木を使う暮らしが、ふるさとを元気にし、環境を守ります。

詳しくは下記のリンクに詳しく解説されています。
 

地材地消HP

北海道ハウスの環境問題への取り組み

北海道ハウスは環境問題に取り組んでいます。

道南地域はスギという住宅部材に適した木材が沢山あります。地域の自然環境で育まれた杉には調湿作用があり貴重な森林資源である。地域材の道南スギ・カラマツ・トドマツ材の有効活用を計り、森林の活性化に務めCO2削減に努力します。

平成20年度国土交通省

地域住宅モデル普及推進事業の概要

本事業は道南材(杉)をふんだんに活用し、肌で体感できる展示住宅を建築して一般公開し、「地材地消」の消費拡大を図ることを目的とする。

耐久性 ・主要柱、土台は4寸とする
・基礎巾は15cm以上とする
可変性 天井高は2650mm以上とする(配管、配線の為)
耐震性 耐震等級(倒壊等防止)の等級2とする
省エネルギー性 省エネ法に規程する次世代省エネルギー基準相当、対策等級4とする
本事業による展示住宅の建築基準

【構造】在来軸組工法 【使用木材】道南杉、カラ松 【木材使用量】28m3

超長期住宅先導的モデル事業

(地域住宅モデル普及促進事業)

「北の木の家」建築推進業者認定制度

「北の木の家」とは、地域の木材を地域で使う「地材地消」を推進し、道産木材を使用した家づくりを建築・設計する設計事務所や工務店を、北海道が認証する制度です。

北海道ハウスでは構造材に、ほぼ100%道南産の木材を使用しています。みなさまも「地材地消」で地域貢献に参加しませんか?

構造・仕様・設備

「自然素材の家」の構造・仕様・設備については以下のページをご参照ください。
 

構造・仕様・設備について

施工事例

北海道ハウスが今までに施工した「自然素材の家」の施工事例がご覧いただけます。
 

「自然素材の家」施工事例